エアリーキュットに副作用ってあるの?

未分類

着圧って言葉を、ダイエットをしている女性や考えている女性なら1度は聞いたことがあると思います。
ウエストまわりや太ももやヒップなどは、着圧インナーで引き締めるのが良いと言う声もありますよね!

履くことで、身体を引き締める効果がある着圧インナーは忙しい女性から良いという声も!

そんな着圧インナーで、人気急上昇中なのが【エアリーキュット】。

ウエスト部分や太もも部分の着圧が違うので、それぞれの場所をしっかり着圧。
履くことで姿勢まで良くなったと言う声もあるんです><

そんなエアリーキュットなんですけど・・・
副作用ってあるのでしょうか?

その点は一番重要なポイントだと私は思います。
ですので、エアリーキュットに副作用があるのかどうか調べることにしました。

エアリーキュットの材質

材質
まずは、エアリーキュットの材質について書きます。

エアリーキュットの材質は・・・
【ナイロン】80パーセント・【スパンデックス】20パーセント・ゲルマニウム・チタン・銀

これが主な材質になっています。

ナイロンはどんな人が聞いても分かる材質ですし、今やどんな服やインナーでも使用されていますよね。

このスパンデックスという素材は、聞いたことが無いかもしれません。
スパンデックスというのは、【ポリウレタン弾性繊維】と言う別名があります。

主に水着やレオタードなどに使用されていて、非常に伸縮性に優れています。
なのでエアリーキュットが伸縮性に優れていて、どんな体型にもフィットする理由が分かりますね(*´ω`*)

そんなスパンデックスなので、副作用などの心配はありませんよね。

ゲルマニウムやチタン、銀はなどの成分についてですが・・・。
ゲルマニウムやチタンは、血行促進には欠かせない成分ですね。

この2つの成分が配合されている生地も多く、身体を温めるのに適しています。
大量に入っているわけではないので、特に副作用などの心配はありません。

それに銀と言っても、これもごくわずかしか生地に塗り込んでいません。
銀が大量に入っている場合は、身体に悪い場合もあります。

ですが、消臭効果程度の銀の配合ですので神経質になる必要はないんです><

エアリーキュットの材質を見ていると、副作用の心配はないようですね。

エアリーキュットを履く上でも注意点

エアリーキュットの材質などから、副作用はないことが分かりました。

他にエアリーキュットを履く上で、注意する必要がある場合が少しあります。
どういった点で注意する必要があるのかもまとめます。

最初から長時間使用しない

エアリーキュットは、着圧インナーですので長い時間の使用をおすすめされています。

ですが、ここで注意しないといけないのは最初から長時間使用を試みようとする人です。
運動もそうですが、最初から42キロ走り切ることが出来ますか?違いますよね!

着圧インナーなどは、慣れていないと苦しいと感じる時があります。

ですので、まずは短時間での使用から始めましょう。
エアリーキュットは寝ている間のみや、仕事の合間など時間を決めて使用してください。

サイズは必ず守る

サイズ

エアリーキュットにはS~XLまでの4段階のサイスがあります。

Sサイズはウエスト60~67センチ、Mサイズはウエスト67~73センチ、Lサイズはウエスト73~79センチ、XLサイズはウエスト79~85センチになっています。

早くくびれが欲しいからと言って、自分のサイズよりも小さいサイズだと苦しいと感じてしまうことも(泣)
なのでウエストサイズをしっかり把握した上でエアリーキュットを購入しましょう。

最後に

エアリーキュットに副作用ってあるの?かについて記事にまとめてきました。

エアリーキュットの材質は・・・
【ナイロン】80パーセント・【スパンデックス】20パーセント・ゲルマニウム・チタン・銀
でしたが、どれも副作用などの心配は無いようですね!

それに使用方法さえ守っていれば、エアリーキュットの効果を存分に実感出来ると思います。

何事も続けることは大事ですが、無理のしすぎはいけません。
自分なりに時間を決めて、エアリーキュットを使用していきましょう。

エアリーキュットの締め付け過ぎはお腹が痛くなる場合もあります。
なので、サイズの確認はかかせませんよ!

どんなダイエット商品でも、使用方法や使用時間は必ず守るようにしましょう!
他にもエアリーキュットのことについて、気になることがあれば記事にまとめようと思います。

疑問や質問があれば、コメントよろしくおねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました