エアリーキュットのデメリット大公開!

未分類

「履いて下半身痩せできた」とか「簡単にくびれができた」
なんて評判がいい、エアリーキュット。

着圧も苦しくないし、何より使用方法が毎日履くだけって簡単で嬉しいですよね。

そんなエアリーキュットのことを調べていると、沢山のメリットが見つかるんです。
特に多いのは、履いている間トレーニングをしているのと同じ効果があるということです。

確かに、レビューを見ているとダイエット出来た人が多いんですよね。

そんなエアリーキュットなんですけど・・・。
デメリットが紹介されていないのって正直おかしくないですか?

どんなに評判の良い商品でも、必ず1つはデメリットってあると思うんですよ。

それが紹介されていないのって正直、おかしな話だなって思ったんですよ。
ということで、今回私が【エアリーキュットのデメリット】を大公開します!

長時間履く必要がある

デメリット
まず1つ目のデメリットは【長時間履く必要がある】ということです。

エアリーキュットは確かに着圧が凄い商品ですよね。
ですが、1時間や2時間履いただけではそこまで効果を発揮しません。

確かに、寝ている間だけでも効果が出るかもしれません。

ですが、出来ることなら1日中エアリーキュットを履いたほうが良いです。
ちなみにですが、1ヶ月寝ている間だけ履いたのと、毎日1日中履いてみたんです。

後者のほうが、効果がしっかり出たなって自分でも体験しましたね。

慣れるまで時間がかかるかもしれません。
ですが、エアリーキュットを着用するなら長時間着用する必要があることを頭に入れておきましょう。

即効性がない

2つ目のデメリットは【即効性がない】ということです。

エアリーキュットをせっかく1日中履いていても、1週間や2週間履いただけでは効果があまり実感出来ないんです。

レビューの中にもこんなレビューを見つけました。

全然効果が出ないんだけど・・・?
エアリーキュットを購入したんですけど、全然効果が出ないんですよね。もう2週間履いてるんですけど、まだくびれが出来ていないですよ。これって本当にくびれができるんですか?自分の寸胴体型が改善されると思っていたので、購入したのに・・・。これじゃ損したなって思いますし、残念な気持ちになります。

このように、短期間でエアリーキュットの効果を実感出来ていないひとが多かったんです。
逆に言うと、1ヶ月以上エアリーキュットを履いている人は何かしら効果を実感してました。

特に多かったのは、3ヶ月使用を続けた人なんですよ(*´ω`*)
つまりは、エアリーキュットは3ヶ月は継続して使用する必要があるってことですね。

エアリーキュットを履いてすぐに、ダイエット出来ると思っていた人は注意が必要ですね。
ダイエットはやはり、甘いものではないのである程度の期間を継続してゆっくり続けましょう。

運動をする必要がある

そして3つ目のデメリットは、【運動をする必要がある】ということです。

確かに、エアリーキュットは履くだけでも十分に効果を実感出来ることでしょう。
元に、履いているだけでもウエスト周りが少し引き締まりました。

ですが、ダイエットや体型を改善したい人は少しだけ効果が出ても意味ないですよね。

できることなら、すらーっとしたウエストになりたいわけじゃないですか(*´ω`*)

つまり、運動を取り入れることで効果がよりアップするんです!

やはり、身体を動かすことはダイエットには最適です。
それを、エアリーキュットが更にダイエット効果を十分に発揮できるようにしてくれます。

つまり、ただエアリーキュットを履くよりも運動を取り入れると更に自分の目指してる体型に近づくってことなんです!

確かに、運動はしなくてもダイエットできるのであれば嬉しいですよね。
私もしなくていいなら、運動はしたくありませんよ(笑)

でも、せっかくエアリーキュットで代謝が上がるのですから運動をしないとですよね><
ウォーキングや筋トレなどの、運動能力が少なくてもできるものがおすすめされています。

まずは1時間毎日、運動をしながらエアリーキュットを活用しましょう。

まとめ

エアリーキュットのデメリットについて、調べてみました。

今回デメリットを知って、今後に生かせるなって私は思いました。
デメリットを知ることで、エアリーキュットの使用での失敗が減ると思います。

デメリットをよく知るということは、その分エアリーキュットをうまく活用できますよね。

またエアリーキュットについて記事にまとめるときは、うまく利用する方法もまとめたいと思います。

                                                                          

コメント

タイトルとURLをコピーしました