ひょっとこ乱舞公式サイト

寺田ゆい 降板のお知らせ(2/9)

ひょっとこ乱舞 第25回 最終公演『うれしい悲鳴』に出演を予定されておりました寺田ゆいは、
一身上の都合により、急遽降板することになりました。
何卒、ご理解頂きますようお願い申し上げます。(ひょっとこ乱舞 制作部)

(以下、本人より)

こんにちは。はじめましての方々、はじめまして。寺田ゆいです。

ぼくは今自宅の風呂に浸かりながらこの文章を書いているのですが、どうも上手くいきません。自分の考えをなるべく正直に、そして理解しやすいように書きたいのですが、ぼくは自分で思ってた以上に文章力がないようです。でもこれ以上長風呂してたら具合が悪くなりそうなのでとにかく先に進みます。

いきなりですが、個人的なお話をさせて下さい。

先日ぼくの父がくも膜下出血で倒れました。一命はとりとめましたが、今もまだ油断ができない状況の中で父は頑張っています。もがいています。ぼくん家は、もう6年くらい前に母も他界していて、ぼくは長女です。だからまぁ当たり前ですけど、父の応援隊長は自他ともにぼくの役目だと思っています。

もうお察しだと思いますが、今回降板をさせて頂いた理由はそこにあります。ぼくの家族の都合やわがままで沢山の方々にご迷惑をおかけしたこと、今も迷惑をかけていることに関して、お詫び申し上げます。ごめんなさい。

降板したことを後悔しないとは言い切れません。だってひょっとこ乱舞の最終公演だもん。この悔しさはちょっと言葉では表しきれません。でも自分で決めたことなので頑張ります。頑張って、早くお父さんとお寿司でも食べに行きたい。

ぼくは今後どうするか決めてないし、どうなるかなんて分からないし、役者とか芝居とか表現って一体何なのかしら、とか考えちゃう今日この頃。父を応援しつつ、なんか自分も色々考えようとか思っています。

なんちて。

この文章を読んで下さった皆さまに、(どうゆう形でかはさっぱり分からないけど、)いつかまたお会いできる日を楽しみにしております。また、今回のぼくの降板に対して理解をして下さり、こうゆう形で皆さまにお話する機会を与えて下さった広田さん、ひょっとこ乱舞の皆さま、そして今回の公演に携わっている全ての方々に、心から感謝を申し上げます。ありがとうございます。

またいつかどこかでお会いしましょうね。

寺田ゆい